長いこと大学生やってます。

わくわくは正義。

≪オーストラリア編≫シェアハウスに住むべき理由と最高のシェアハウスの見つけ方~契約の仕方まで

私実はオーストラリアで1年留学中

ホームステイ → 寮 → 寮 → シェアハウス

って計4回引越ししたんですね。

 

ちなみにホームステイについての記事はこちら

http://toobo-ryugaku.com/life/homestay-1/

 

で、結論から言うと

 

シェアハウスが1番最高。

 

シェアハウスとは

シェアハウスっていうと、友だち同士で家を借りるイメージがありますが、オーストラリアでは赤の他人同士が一つの家をシェアをすることが主流です。

 

なのでアメリカやイギリスなどに比べオーストラリアでは学生寮が少ないです。

 

ではでは、私がシェアハウスを最高だと思った理由を話しちゃいます!!

 

最高な理由どどん!!

 

1.寮、ホームステイより安いところが多い。

値段はピンキリです。が、ホームステイより寮より断トツ安いです。ほとんどの留学生や現地の学生はシェアハウスを選びます。

だいたい、1万5千円~2万5千円で見つかります。

私の場合は週2万円以下でした。

2.家が広い

何と言っても家が広い!のが魅力。リビングは30人くらい余裕で入るし、ちょっとした庭もあるし、みんなでワイワイするのに持ってこいな場所です。

わたしの家はこんな感じでリビングルームが2つに別れていました。

もっと大きい家もたくさんあります!

3.色々な種類のシェアハウスがある

友達も何人かシェアハウスしていた子がいたのですが、女子だけのシェアハウス、英語が母国語じゃない留学生用シェアハウスなど種類が豊富でした。

どんなシェアハウスに住もうかな~とワクワクできるのも魅力の一つ。

4.立地がいい

大学から徒歩8分のところに住んでました。

ホームステイの時は1時間30分かかっていたので、大学の外で立地がいいとなるとやっぱりシェアハウスが1番です!

5.ハウスメイトのON・OFFの切り替えが素晴らしい

これは個人的に感じたことですが、寮やホームステイを選ぶのではなく、シェアハウスを選んだ大学生の方がしっかりしています。

 

というのも自分でシェアハウスを見つけて交渉して契約するというめんどくさいことを経て住んでいるから。

 

Drinking Partyにもしっかり参加し、外にも遊びに行くのに、勉強はしっかりします。いつ、課題終わらせたの?っていつも感心してました。とても要領がいいです。なので私も頑張らないと、といい刺激をもらってました。

 

シェアハウスでの思い出は数えきれないほどあってここに乗せるととっても長くなるので、また別の記事で紹介しまーす。!(^^)!

 

どうやって、シェアハウスって見つけるの~?って思ったあなた!

下の見つけ方を参考にしてみてください!!

最高なシェアハウスの見つけ方

サイトを使って見つける。

私の行っていた大学、Deakin Universityでは'House me'というサイトがありました。

ここに金額を入れて検索します。

https://goo.gl/R7GjQO

私はこれでシェアハウスを見つけました。

 

大学のウェブサイトにoff campus(大学外)のaccommodation(住み場所)を探すページがある大学が多いと思うので、そこで探してみるのもいいですね!

 

また ' 住んでる地域  share house  uni student ' などで検索しても出てきます!

友達に話してみる

・Off campusに住みたい
・シェアハウスに住みたい
この2点を友達に話してみたところその友達に部屋が空いてるからおいでよと誘われてました!

大学のスタッフに相談してみる

日本でも大学内に事務職員さんがいるように、海外でも大学内で事務職員さんが働いています。

 

オーストラリアは留学が盛んなので、生活面で相談できる職員さん、スタッフがいます。

 

なので、このスタッフにoff campus(大学外)で住みたいと相談してみてもいいと思いますよー。

契約までの流れ

いいなと思う物件が見つかったらまず最初にすることは

オーナーに電話して実際に訪問する予約を取る。

 

留学生がたくさん来る時期(主に新しい学期が始まる時)は人気なシェアハウスはすぐ埋まってしまいます。

 

なので、物件が決まったらすぐに訪問予約をして、実際に見に行きましょう。何件か訪問して比べてみるのも手ですね。

 

実際に行って直接雰囲気を確かめることが大事です。

 

そしてその物件が気に入ったら

オーナーと契約!!

 

契約の際にビザの発行証明書やパスポート、銀行の口座の書類などがいるので

用意しておくといいかもしれませんね。

注意点

何が起きても自己責任

 

シェアハウスに住む時は何が起きても自己責任であると心得ておくこと。

 

寮やホームステイは留学斡旋会社や日本の大学が何か問題が起きても、ある程度干渉できます。

 

が、シェアハウスはオーナーと個人契約になるので何か起きても誰も助けれないんです。

 

なので、それが怖いという人にはシェアハウスはおすすめしません。

 

大事なのは、入居した時に写真を撮っておくこと。

 

保証金が返ってこない場合があるので。

 

シェアハウスを出る時、入った時と同じように部屋を綺麗にしないといけません。

 

写真を撮っていないと、万が一オーナーに「この染みは付いていなかった。」

 

「保証金は返せない」と言われても、反抗できないので入居した時にはまず写真を撮りましょう!!

 

最高なシェアハウスを見つけて充実した留学生活が送れますように。

 

いいねと思ったらシェアボタンをぽちっと押してね♪