長いこと大学生やってます。

わくわくは正義。

知っといて損なし!寮のハウスメイトと上手くやっていく時の心得

これから留学する子には同じ思いをしてほしくないので、私の苦~い思い出と一緒にルームメイトと仲良くする方法教えちゃいます。

 

 

オーストラリアでとーっても辛い寮生活の思い出がある私

と、その前に寮の説明

私が住んでいた寮は車で

海まで15分!!!

スーパーマーケットまで5分!!!

他は何もなし!!!

こんなところにありました。

まあ、ようするに

The 田舎。

夜はこんな星空も見れちゃうぐらい空気がきれい。

大学内に寮があり、
ロッジ風の建物がこんな風に建っていました。

このロッジの中に12人が一緒に住みます。1人ずつ個室が当たります。

キッチン・トイレ・シャワー・リビングは共同。

↑ちょっと見にくいけどリビングルームです。

寮費は週$220。日本円だと2万円とちょっとくらいです。

ホームステイより$50も安い!

食事は自炊。料理が全くできない状態で行きましたが意外と生きていけます

ざっとこんな感じです。もっと詳しく寮のこと聞きたい人はコメントください(^ω^)

それでは始めますよ。苦〜い苦〜い思い出話。長くなるので、心得だけ知りたい方は1番最後まで飛ばしてね!

寮生活のスタート

最悪な寮生活

ホームステイから寮に引っ越しが決まって

・いろんな友達できるかな~♪

・夜は一緒にパーティーとかするのかな~♪

こんな感じでわくわくしていました。

すぐにこの理想は砕け散ることに。

11人 白人

1人  アジア人(私)

私以外全員白人。

まあ、なんせ英語全然話せないのにネイティヴ(英語が母国語の人)と一緒に住もうと思ったのが間違いですよね。

Hello, how are you? の会話が精いっぱいな私。

それ以外は何を言ってるのかさっぱりわからない。聞き取れないし、返せない。

こ わ い。。。

本当に怖かったです。怖いと思ったらそこで試合終了。じゃないですけど

自分から話しかける勇気が全くでない。

それにプラスこれ。

Drinking Party. (飲み会)

夜10時頃からスタート。

音楽ガンガン。リビングでずっと踊ってる、叫んでる。

飲んで踊って騒ぎまくってた彼ら。

うるさくて仕方がなかったです。

寝れない。

これが毎日続くから寝不足どころじゃない。2日間寝てないとかざらでした。

逃げて、逃げて、逃げまくった。

とにかく寮に戻りたくなくて、語学学校の友達に家に泊めてもらったり、ホームステイの家に泊めてもらったり、夜中まで図書館で映画見たり、友達に遅くまで電話付き合ってもらったり、とにかく寮の外で生活するようになりました。

部屋に戻ったら出たくない病。半引きこもりしてました。

何でこんなに私だけ我慢しないとだめなの!?って腹立つし、悔しいし、悲しかったです。

だけど、言うのは怖い。だって、まだまだ一緒に暮らさないといけない。

言ったら余計ひどくなるかもしれないって思ってました。

嫌われるのはいいけど、これ以上ひどくなるのは勘弁。

私の願いはただ一つ。静かにしてくれええええ。

願ってても叶うはずなく、そして誰も助けてくれるはずもなく、

このまま逃げててもしょうがない。

と思った私は寮の管理スタッフに部屋が変われるように交渉しに行きました。

SHUT UP!!!!!!!!

部屋を移りたいっていう交渉中に

我慢の限界が来ちゃいました。

ハウスメイトがリビングで例の飲み会やってる中いつも通り引きこもってたんですよ。

でも、その日私の中で何かがぷつって切れて、部屋のドアをバン!!!!って開けてリビングまで出て行って

SHUT UP!!!! YOU, SHUT UP!!!!

怒りながら叫びました。

叫んだ後、すぐに部屋戻ってドア閉めて

ああああああ。言っちゃった。もうこれで彼らと仲良くなれることはない。

って後悔したんだけど、同時にすっきりしました。

言ってからしばらくすると、コンコンってドアノックされて

ごめん。そんな風に思ってたなんて知らなかったよ。

これから気をつけるね。

って言ってくれました。

あ、こんなあっさり謝ってくれるのね。もっと早く言ってればよかった。

ってすごーーーーーく思いました。

ちなみに本気でSHUT UP!!を言ったのは後にも先にもこれだけです。笑

反省たーいむ

この辛〜い思い出も今思えば、いろいろ反省点が出てきます。

・嫌われているって思いこんでしまった。

・逃げてばっかりで積極的に話しかけなかった。

・話せなくても、話そうとする姿勢が大事。

・不満があるなら伝える。

・相手は悪気なしでしている場合が多い。

・本気でハウスメイトと会わない場合は寮を管理しているスタッフがいるのでその人たちに部屋を変えたいと交渉してみるのも手。

次こそは!!!

無事部屋を変わることができました。

次は全員初めましての状態、同じ失敗だけはしたくない。

上の反省点を踏まえ

・24hニコニコスマイル

・とにかく話しかけまくる

・わからなくてもとにかく話しかけまくる

を心がけました。

最高な寮生活

次のハウスメイトは

アジア人6人

白人6人

全然英語話せないのにがんがん話しかけまくった結果。。。

’英語全然喋れないけど面白い、愛嬌ある日本人’

みたいな位置づけに昇格!

まともに会話は続かないけど一緒の輪の中で会話してることが嬉しかったです。

わからない単語も全部一から教えてくれるし、発音も直してくれてスピーキング力はぐんぐん上がりました。

毎日、一緒に買い物したりご飯作ったり、リビングでわいわいしたり本当に楽しかったです。

ハウスメイトと仲良くする時の心得

・とにかく笑顔で話しかけまくる!!

・英語が話せない場合はボディラングエージで会話する!!

・不満がある時はすぐに言う。

・英語がわからなくても当たり前!へこまない!何回でも聞き直すこと!

 

この4点ができると本当に本当に楽しい寮生活が待ってます。

オージースラングや文化の違い。宗教、国によっての価値観や考え方の違い。毎日色んな発見がありました。

あと、絶対に寮で友達作った方がスピーキング力は伸びます!

聞き取れないうちは辛い。だけど、めげずにどんどん話しかけて欲しいです。絶対にその姿勢は相手に伝わるし、仲良くなれるので。

以上、ハウスメイトと上手くやっていく時の心得でした!

 

長々と読んでくださり、ありがとうございます(^ω^)!